住宅ローン体験談

住宅ローンを組む時に大事な事

家族の画像

 

住宅ローン、新築で家を建てる時や、マンションの購入の際にはほとんどの人が組む事になると思います。

 

実際にローンを組むまではなかなかわからない事が多いですが、実際に自分が家を建てることになってその話を聞いていくうちに色々な方法で組む事もできますし、返済金額のことさえしっかり考えておけば無茶苦茶な家を建てなければある程度の仕事を長くしていれば組めるものだということがわかりました。

 

自分の場合はそんなに稼ぎが良いわけではありませんが、それでも割合と良い金額までは融資してもらえる計算でした。

 

そして実際に審査も通ってもらえて一人だけで組む事もできました。

 

 

それは住宅メーカーが調べてくれてこちらでも色々調べた中で一番金利が良いところでしたからその分、審査の方も厳しいとは思うのですが、それでも組めましたので、他の金融機関などでもうちょっと金額を多く設定したとしても審査が通りやすいところもあるという話でした。

 

そしてその分、金利は高くなることも想定されますが、返せない金額は向こうも話をしてこないので、住宅メーカーの方を信頼して自分は正解だったと考えています。

 

一番、肝心なのは月々にいくらまでなら返していけるのかということを判断することと、実際に返済が始まったら少しでも早く返せるように繰り上げ返済を行う事だと実感しています。

 

なので住宅ローンを組む時にはそのあたりを大切にして、組んでしまったら返済に向けて前向きにお金を貯めることで楽しくやっていけると考えています。

 

 

住宅ローンを借りる際には返済期間と金利が大切です

犬の画像

 

私はマイホームとして新築分譲マンションを購入した際に住宅ローンを組みました。

 

マイホームを購入する際は、現金で購入ができれば一番良いのですが、数千万円の現金をすぐに用意できる人はそうはいませんので、一般的には金融機関でお金を借り入れることになります。

 

もちろん私もその1人です。

 

住宅ローンを借りる際には返済期間と金利はとても重要です。

 

 

私の場合は返済期間は35年で金利はフラット35の固定金利を選択しました。

 

35年の返済期間は最も長い返済期間ですが、お金に余裕がある時には繰り上げ返済ができるので、長ければ長い方が良いと考えました。

 

なぜならば短い返済期間でお金を借りて月々の支払金額が苦しいので返済期間を長くしてもらうように交渉をするのはとても困難だからです。

 

お金を借りる条件としては返済計画の立てやすい条件で融資を受けることが、無理のない支払いをすることができますので、返済期間を長くして固定金利で借り入れました。

 

固定金利は変動金利と比べると現時点では金利が高くなるデメリットがありますが、将来に亘って返済額が確定しますので資金計画を立てやすいメリットがあります。

 

 

逆に変動金利の場合は将来の金利上昇リスクを背負うことになりますが、金利が上昇しなかった場合には大きなメリットを享受することができます。

 

このようなメリットとデメリットを考慮した結果、私は35年の支払期間でフラット35の固定金利で借り入れをすることが良い選択だと判断したのです。