住宅ローンを借り換えしたときのこと

住宅ローンを借り換えしたときのこと

一戸建てであってもマンションであっても、夢のマイホームを実現するために、ほとんどの方がお世話にならなければならないのが住宅ローンです。

 

人生最大の買い物と言われるマイホームですが、購入価格を抑えることも重要ですが、いかに低利な融資を受けるかも、利息総額を抑えるためには、とても重要になってきます。

 

ただ、低利というだけで選ぶと失敗する場合もあるのです。

 

私の場合は、マイホームを仲介した不動産会社の仲介の銀行での住宅ローンを組みました。

 

10年固定型の25年払いの住宅ローンを組んだので、低利とは言えませんが、固定型にしては高い金利ではありませんでした。

 

 

元々が借金はできるだけ早く返すという性分だったので、余裕ができると繰り上げ返済をしていました。

 

その銀行では固定型の場合には、繰り上げ返済に1回あたり3万円プラス消費税という手数料を取ることがルールだったのです。

 

ですから繰り上げ返済も1度に100万円単位でないと、減った利息残を手数料が上回るという矛盾が生じていました。

 

銀行側に変動型に変更できないか問い合わせたのですが、通常どこの銀行も契約期間内であれば変更できないのが一般的です。

 

固定型が満了になるまで指をくわえて待つありません。

 

 

そこで、行ったのが他銀行からの借り換えでした。

 

変動型への変更で金利が確実に1%強低くなるのは当然ですが、その時に気にしたのが手数料や初期費用です。

 

最初の銀行で支払った団体生命保険料は返戻されませんので、また次の銀行でそれを取られれば二重取りになってしまいます。

 

また今後も繰り上げ返済する可能性が高いし、極力そうしたいと思っていたので、繰り上げ返済手数料は安価というのが条件でした。

 

そんな時に利用したのがネット上の比較サイトです。

 

ただ、金利比較だけのサイトはたくさんありますが、私が利用したのは手数料や優遇特典もありました。

 

そのサイトにて繰り上げ手数料一切無料、初期の団体生命保険不要という銀行を見つけたのです。

 

結局、7年目で借り換えし、25年を待たず計13年で完済できました。

 

なので生涯で払い利息分は高級車1台相当に匹敵します。

 

自分に次の機会はないかもしれませんが、借金があるとできるだけ早く返したい性分の方には、金利だけでなく、各種手数料もチェックすることをお勧めします。

 

ちなみに私はこちらのサイトを参考にして住宅ローン借り換えを進めました。